脳梗塞がきっかけで変わった健康意識。ビジネスをするなら体の管理が最優先

株式会社RiamAid 代表取締役

井上 大輔

水道水を浄化するカートリッジを販売されている井上社長。いわば人の体に欠かせない「水」のプロフェッショナル。3年前に脳梗塞を患ったのをきっかけに、健康に対する意識が大きく変わったそうです。

最初の就いた職業は消防士だったから、健康管理も仕事のうちだった

本日はよろしくお願いいたします。
それではまず最初に、簡単な自己紹介をお願いできますでしょうか。

私の仕事は水道水を浄化するカートリッジの販売をしています。塩素を消して水素とミネラルに変えるというカートリッジです。

カートリッジ
事業はお1人でやっていらっしゃるのですか?

そうですね。会社は1人で事業をしておりますが、代理店さんが全国におります。

水道水の浄化という仕事をするようになったきっかけは何かあるのでしょうか?

20代の頃から健康には興味がありまして、その中でも水が一番大事だと感じて、体の半分以上が水なので水は大事にしないと、いう思いで始めました。

1人で事業をしているので健康管理など意識していますか?

最初についた仕事は消防士でした。健康管理も仕事のうちで、普段から良い状態を保つことが必要ありました。仕事が変わった今も日ごろの運動とか食生活を意識するようにしています。

井上大輔
具体的な1日のスケジュールはどんな感じですか?

6時に起きて、朝食はとっています。昼と夜はほとんど外食になります。

外食のお店はどんなお店を選んだりしますか?こってりしたものなどが多いものですか?

仕事のお付き合いのときはお客様に合わせて食べますが、自分で食べるときは消化のよいものと栄養素のあるものを意識して食べるようにしています。

ご自身が食べているものがどんな栄養があるというのはご存知ですか?

消防士の仕事をしていた頃は、健康に興味もあったので栄養の勉強もしました。ミネラルがこういう働きをするというのは分かっているので、それで選ぶようにしています。

脳梗塞で生死をさまよう経験・・・
ビジネスをやるなら体の管理を最優先に!

井上大輔
食事以外に運動はされていますか?

朝の7時からジムに行って1時間くらいプールで泳いだり、走ったりして運動をしています。朝6時に起きて、朝食をとって、ジムに行って1時間くらい運動して仕事に行っています。

お昼は決まった時間に食べていますか?

1人のときは時間にこだわらずお腹が空いたら食べています。1人の時は夜は軽く食べるようにしています。サラダやスープだけとか、あとは果物が好きなので朝も夜も食べまています。

仕事は何時には切り上げようとか決めていますか?

夜は12時~1時くらいには寝るようにしていますので5時間ぐらい寝ています。

仕事にきっと満足されていらっしゃるんでしょうね。ストレスはたまることはありますか?その時の発散法などはありますか?

自然に触れること。新宿御苑や、箱根の大涌谷が好きなので時間があれば行って自然に触れるようにしています。

日下部淑美
発散も上手にできているのですね。
体が資本と言う言葉がありますが、ビジネスと健康をテーマで思うことはありますか?

ビジネスにしてもプライベートにしても、体が資本だと思います。私は3年前に脳梗塞を患い、生死をさまよった経験があります。以前から健康意識は高いほうであったほうですが、更に健康というのは当たり前ではないだなということがわかりました。病気になることで家族や大切な人など、どれだけ多くの人に迷惑をかけることになるのか。ビジネスをやる方は絶対に体の管理は最優先に考えないといけないと思います。多くの方は病気になってから分かる方が多いのですが、なってからでは取り返しのつかないことも多いと思います。

ストレスがたまったらしっかり発散することも大切

3年前の脳梗塞をきっかけに何か変わったことがありますか?

大きく変わったのは、食生活とストレスがたまったらしっかり出すということです。後から振り返ると3年前に患ったときは、食事も疎かでストレスも発散もしていなかった時期がありました。具体的には水を扱う仕事をしていながら、夏の暑い時期なのに忙しさに追われて水もしっかり取れていませんでした。甘いものも好きだったので、ちょっとしたときにカロリーゼロの人工甘味料も多く摂っていました。あとから人工甘味料は脳にダメージがあるという情報も知りました。なので、今は時間をつくってでもストレスを出す時間を設け食事も気をつけるようにしています。

代理店さんもパートナーですので、何かパートナーさんに望むことはありますか?

やはり、自分が病気をしているので、健康への意識が高い方がいいですね。ヘビースモーカーや、お酒が多いかたは、危険ですよということも伝えてできるだけ改善してもらいたいですね。

井上大輔&日下部淑美
井上社長として、会社の今後の展望などを教えていただけますか?

まだまだ間違った神話、情報が蔓延しています。水道水でも飲めるレベルの水は日本の素晴らしいことですが、塩素も問題が色々あって、発がん性などもある言われています。本来は飲める水ではありますが、更に良い水に変えられるように各都道府県の代理店を設置して全国展開したいと考えています。先日シンガポールの展示会にも参加してとても反応がよく海外での展開も今後は行っていきたいと思っています。水道水がある国であれば需要はあると考えています。

これからは日本のみならずグローバルな会社を目指していくわけですね。
お薦めの健康法やお店があれば紹介していただけますか?

健康法は歩くことです。リハビリの後から歩くことが習慣になり、1日に2万~3万歩ぐらい歩くようにしています。

日本でも8000歩~1万歩を推奨しています。その2倍も3倍も歩いているのは、素晴らしいですね。お勧めのレストランなどお店はありますか?

ビーガン料理とかマクロビオティックのお店が好きなので、銀座と新宿にあるビーガンレストランのアインソフというお店にはよく通っています。

全国、世界に向けて発展していく会社になれますよう心より応援しております。
本日はありがとうございました。
井上大輔&日下部淑美

フードエリートからひとこと

大きな病気を経験したからこそ、健康の大切さが分かりますよね。
身体は、実はとても正直なもので忙しく自分の時間がもてなかったり、休みたいと思った願いは様々な形で叶えてくれます。それは、ときに寝たきりの病として叶えることも。
日頃からストレスをため過ぎず、コントロールをしたうえで、メリハリのある生活をし自分を大事に考えることが長い人生を有意義にするポイントだと思います。
井上社長は、大病をしてから以降は自分の時間を大事にし、自分と向き合い、しっかり仕事もこなしていらっしゃるようですね。
ただし若干後遺症もあるようなので、井上社長の経験が、読者の方には病気になる前に何か気づくきっかけになれば嬉しいです。

一言、夜の果物は中性脂肪を上げてしまう場合がありますので、気をつけて下さいね。

会社データ 関連リンク

株式会社RiamAid

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5階

TEL: 03-5537-5269 / FAX : 03-5537-5281

代表者:代表取締役 井上 大輔

株式会社RiamAid

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す


PAGE TOP