お金は品格であり生き金にすれば人生の質が高まる

コーチ

虫鹿 恭正

いじめられて不登校となり、好きな子に言われた一言から過度な拒食症に。故 鈴木その子さんとの出会いにより、様々な試練を乗り越え、依頼者の心に寄り添えるコーチとして活躍する虫鹿さんにお話しを伺いました。

好きな子に言われた一言から拒食症に。鈴木その子さんとの出会いで人生が変わった

虫鹿 恭正

虫鹿 恭正(むしか やすまさ)

故鈴木その子さんとの出会いから、いじめ、ひきこもり、家庭不和、拒食症、過食症を乗り越えて、天職であるコーチという職業に辿り着きお金の専門家という側面から生きる哲学を伝えている。

日下部鈴木その子さんとの出会いが人生を変えるきっかけになったそうですが、出会いまでのエピソードを教えていただけますか?

虫鹿中学時代は不登校でほとんど学校に行っておらず、中3の秋に先生から、このままだと進学ができないので、早退してもいいから辛くても学校に来なさいと言われ、休みがちながら学校に行くようになりました。そうしたら、学校で好きな子ができて、その子に会うために頑張って学校に行くようになれたんです。
僕はいじめられっ子の不登校なのに、何故かその子に告白しようと思い、卒業式の日に体育館の裏に呼び出して告白をしたのですが、彼女に「デブは嫌い」と言われフラれてしまいました。
当時、僕は165㎝で体重が86㎏もあって、フラれた悲しみよりも“痩せてやる!”という怒りのような感情が湧いて、痩せてリベンジしようと、1日に6食くらい食べていた食事を3食にしたら、あっという間に60㎏まで落とすことができました。
しかし、そこから体重が落ちなくなったので、運動を取り入れたり、近所の塩サウナに毎日通うようにして、55㎏まで減らしました。
160㎝で55㎏なら、もう見た目は太っていないですし、問題ない体型のはずなのに、僕は“まだこれじゃ足りない。これじゃ好きになってもらえない”と思い、食事を2食にし、更に2食を1食まで減らして、50㎏くらいまで落としたんです。
周囲はもう十分痩せているし、これ以上痩せる必要はないと言うのですが、それでも僕は“まだ駄目だ、まだ足りない”と思い込んでしまったんです。もう病気ですよね。

日下部それはどれくらいの期間で減量したのですか?

虫鹿1年くらいです。そのうち、こんにゃくとかゼリーみたいなものだけを食べるようになったのですが、そんなとき、あるミュージシャンが体型を維持するために、食べ過ぎたときは指を入れて吐いているというのを聞き、“これだ!”と思って、今度はドカ喰いを始めたんです。
食べては吐き食べては吐きの繰り返しで、体重が45㎏を切り出してからは、もうまともに立っていられませんでした。高校はなんとか入学したものの、通学にかかる1時間すら体がもたず、結局また学校を休みがちになって、高校2年の半ばで中退しました。
僕の家は田舎でしたので、下水がしっかりしておらず、トイレは水洗でも、家の近くのタンクに汚物が溜まるような仕組みだったのですが、近所から悪臭がするとクレームがくるようになったんです。
僕が消化せずに戻しているのが原因だったみたいで、父親に吐くときはトイレに流すなと言われ、戻したものは別のバケツに溜めて、それを父親がこっそり夜中に捨てに行っていました。父親も涙を流しながらやってくれて・・・これは本当に親不孝をしたと今でも思っています。
体重は結局40㎏を切り、近所の病院に1週間入院して点滴する生活を半年くらい繰り返して、最終的に体重は36㎏になっていました。

日下部そこまでいってしまったんですね。

虫鹿医師からも「このままでは死んでしまいますよ」と言われるくらい酷い状況で、メンタルのカウンセリングも受けましたが、食べることが怖くて食べられず、“もう人生終わった”と自分でも思っていましたね。
母親も藁にもすがる思いで、過食症拒食症を治すような本を探してくれていたのですが、そのときに鈴木その子さんの『痩せたい人は食べなさい』という本を母が読んで、僕にこの本を読むように勧めてくれたんです。でも僕は人の話を受け入れるような状況ではなかったので、全部跳ね除けてしまったんです。
母はどうすることもできず、本の最後に記載されていた鈴木その子さんの会社に電話をして「息子を助けて欲しい」とお願いしたんです。そうしたら鈴木その子さん本人が電話に出てくださって、僕が電話口にでたら開口一番「坊主!騙されたと思って私に付いてきなさい。絶対治してあげるから!治すどころが、今までの苦しみの何十倍も幸せにしてあげるから、1回東京に来なさい!」と怒鳴られたんです。
過去にいくらカウンセリングを受けても何も感じなかったのに、鈴木その子さんと話をして、僕の体に電流が走りました。気迫も自信も凄くて“なんだこの人は?”って・・・この人なら信用できるかもしれないと思ったんです。
電話を切った後に涙がボロボロ止まらなくて、僕は次の日から3食きちんと食事が摂れるようになったんです。母が鈴木その子さんの本を参考に食事を作ってくれたので、その後はピタっと摂食障害が治り、そこから一度もドカ喰いも、拒食も、吐くこともなくなりました。

日下部凄いですね。

虫鹿その後、銀座で開催しているセミナーに参加して、初めて鈴木その子さんにお会いしたのですが、電話では“坊主~!”って言っていたのに、会った時は丁寧に“虫鹿さん”と声をかけてくださったんです。本当に腰が低くてそのとき“この人に付いていこう”と思いましたね。
鈴木その子さんは、晩年はテレビで美白の女王として有名になりましたが、もともと息子さんを拒食症で亡くされていたので、そういう人を救いたいという使命感で食事療法を伝える専門家なんです。セミナーは食生活を通じた生き方の勉強会で、幸せとは何か、成功とは何か、その中で食べるということは生きることなんだという、その子さんの哲学を教わりました。
毎回受講生が4~500人いるのですが、運がいいことに受講生は全員女性で、男性は私一人しかいなかったので、目立っていましたね。その子さんの息子さんは19歳の時に亡くなったので、その歳に近い18歳の僕を贔屓にしてくれたのかもしれませんが、僕が新幹線で帰るときに手作りのお弁当を持たせてくれたり、ご自宅に呼んでくれて成功哲学や健康、お金のこと、そして“俯瞰”という言葉を教えていただきました。
「人生80年を俯瞰してみると、あなたの位置はここなの、まだこういうこともできるし、ここで何か蓄えることで将来活きることもあるから勉強しなさい。そして親孝行をしなさい」と言われたんです。
摂食障害がある場合は、親子間、あるいは夫婦間の問題があることが多いのですが、その子さんから「大人になればあなたが経験してきた挫折や絶望が必ず人様から必要とされるときがくる。何故かというと、20代30代40代になれば生きていくうえで何かしらの挫折を味わうものだから。あなたはそれが早いのよ。挫折した人はそれを乗り越えたことで、希望の星になるの。あなたはそういう星の元に生まれたから私にも出会えた。生きなきゃいけないし、勉強もしなきゃいけない。だから頑張りなさい」と言われて、大検を取得し名古屋の大学に入りました。

日下部そうですか・・・。その子さんのところにはどれくらい通ったのですか?

虫鹿月に1~2回、その子さんが亡くなった2000年の12月くらいまで3年ほど通っていました。東京までの新幹線代は親が負担してくれていたのですが、その子さんのご配慮で、その子さんの通販の仕事のアルバイトもさせてもらい、仕事の休憩時間にその子さんの哲学を学ばせてもらいました。

日下部中学のときに一目惚れした彼女との出会いは、最初は悪影響を及ぼしたように思いますが、不登校から抜け出すきっかけになったり、鈴木その子さんと出会うことができたのも、彼女がいたから・・・無駄な出会いってありませんね。

虫鹿 恭正

虫鹿僕の座右の銘は、 “人生、出会うべくして必ず出会う。一瞬たりとも遅からず早からず。”これは森 信三先生の言葉なのですが、本当に39年間生きてきて、“あのとき一瞬たりとも遅からず、その彼女やその子さんに出会っていなかったら今日の自分はないな”としみじみと思えてならないんです。
僕もコーチングをしていますので、出会った人には全力で向き合いますし、相手から“虫鹿さんとの出会いが私の人生のターニングポイントになった”と思ってもらえたらこんな幸せなことはないですよね。

挫折や絶望を経験しなければ人に寄り添うことはできない

日下部淑美

日下部 淑美(くさかべ よしみ)

BODY INVESTMENT代表
フードエリート / 真実の予防医学食研究家 / 管理栄養士

プロフィール

日下部今取り組まれているお仕事を教えてください。

虫鹿個人で取り組んでいるコーチングの仕事と、総合保険コンサルティング会社でファイナンシャルプランナーとして仕事をしています。コンサルティング会社には雇用されておりますが、個人事業主として仕事をさせてもらっていて、この会社を通してお金の研修や講師のお仕事をさせていただいています。

日下部名刺を拝見するとMDRTも取得されているので、鈴木その子さんから教えていただいたお金や生き方の哲学も活かされていると思いますが、その子さんの魅力って何なのでしょうか?

虫鹿その子さんは夫と娘さんと別居されていて、ご自宅にはお弟子さんが一緒に住んでいましたが、誰よりも早く起きて掃除をし、みんなの賄いや昼食のお弁当を作るんです。最後に寝るのもその子さんでした。
私もアルバイトをさせていただいたので、働いている姿を見ていましたが、オフィスでは常に割烹着で、いつも料理と向き合いながら、商談や打ち合わせで来客対応もこなす。とにかくいつも戦っている感じでした。
その子さんは、いい意味での教祖ですね。言っていることとやっていることが伴っている方で、食事やお金の哲学も含め、必ずその子さんご自身が実践されたことを紹介してくださいました。
僕はお金の世界で名が売れている方の本を読んだり、セミナーに参加したりコンサルティングを受けたりしていますが、どれも腑に落ちなくて「先生はやっていますか?」と質問すると、「私はやっていないが、あなたには必要だ」と説明をする人が多いのですが、その子さんは自分自身が実験台となって、結果が出たら広げていくというやり方なんですね。

日下部なるほど。その子さんから教えていただいた哲学とはどんなものだったのですか?

虫鹿例えばお金に関しては、”一番向き合う時間が長く、こうしている間にも、家の光熱費がかかっていたり、何かしらに課金されている。お金は品格であり、お金との付き合い方、向き合い方を変えれば、その人の人格が変わり、人格が変われば心構えが変わり、習慣が変わって運命も変わっていく”ということを教わりました。10代の頃はその意味が腑に落ちませんでしたが、今は理解できるようになりましたね。
今僕はお金の専門家であり、そしてV字回復のコーチで、これらを通して多くの人を幸せにするのが使命ですが、その子さんはその手段が食事だった。手段は別でも目的は同じだと思っています。

日下部V字回復のコーチングではどんな顧客がいらっしゃるのですか?

虫鹿僕のホームページはSEO対策も何もしておらず、ただ立ち上げているだけの状態ですが、毎月数件の問い合わせがあり、藁にもすがる思いの人から相談がきます。駆け込み寺的なポジションになっていますね。

日下部どれくらいの期間コーチングをされるんですか?

虫鹿契約期間のベースは3か月ですが、短い人だと1か月です。今、一番長い人で8年間くらいコーチングが続いていますが、長い人はコーチングよりメンター的な存在になっていますね。

日下部コーチングをされている方はたくさんいらっしゃいますが、虫鹿さんを選ばれる方は何が決めてだったのでしょうか?

虫鹿いろいろなカウンセリングを渡り歩いたものの、変われない、納得できない・・・そんな方が、HPに載せている僕のプロフィールを読んで、“この人なら自分のことを分かってくれるかもしれない”そんな風に感じてご相談いただく方が多いですね。

日下部虫鹿さんがどこのカウンセリングに行っても病院にいっても変われなかったように、同じ思いをしている方が沢山いると思います。その子さんとの出会いが虫鹿さんの人生を変えたように、そんな人たちに虫鹿さんのことを教えてあげたいです。

虫鹿僕が過去に受けたカウンセリングとその子さんの最初の電話の3分の違いは、この人は経験が伴った人なんだと直感で感じたことなんです。心療内科の先生も思いをもって対応してくれていると思いますが、実際にダイエットで苦しんだこともなければ、うつ病になったわけでもありません。
恥ずかしくて言えないことも、その子さんなら言ってもいいんだと思わせてくれるし、全て受け止めてくれるんです。

日下部虫鹿さんの強みは、お金の専門家を通して、その裏にある人生の深い部分までケアできることですね。

【書籍】絶望の日々からのV字回復

虫鹿実は、僕は息子を亡くしています。生まれて2週間で亡くなってしまったんです。「デブは嫌い」と言われた悲しさと、息子を亡くした悲しさは比べものになりませんが、これは一生消えることはありません。
僕の尊敬する叔父も、子供を3か月で亡くしているんです。強気な人で人に弱いところを見せない人なのですが、僕の息子の葬儀のときに、その叔父が僕に向かって、「覚悟をしておけ、息子を亡くした悲しみは一生消えないから」と言って、僕の前で泣いたんです。もちろん人に言わずに女性なら流産したとか、悲しみを経験している人はたくさんいますよね。
お金の先生はたくさんいますが、実体験とマインドを持った方となると少ないと思うんです。やっぱりそれを乗り越えてきたことが強みなのかもしれませんね。

日下部そういう経験が人の痛みを理解してあげられるのでしょうね。

虫鹿私に与えられる試練は、これからも乗り越えられる試練しかこないと思います。そしてそれは、将来必ず人の役に立つ。なぜなら、挫折とか絶望を経験した人でないと、寄り添えないから。

自宅に神社をつくり賽銭貯金。神様が喜ぶお金の使い方をしようと決めた

日下部 淑美

日下部今、お金の専門家として人と向き合われていますが、一般の方はお金の知識をどれくれい持っているのでしょうか?

虫鹿最近はお金に関する本も増えていまので、自ら学んでいる方も多いですが、日本ではこれまでお金を語ることがタブー視され、下品だと思われていました。お金というのは人生の中で睡眠よりも就労時間よりも接点が多く、その質を高めるということは、人生に大きな影響を及ぼすことになります。多くの方の金銭感覚のベースは、親や兄弟の金銭感覚、子供頃の友達の影響だったりもあります。
最近は高校でお金の授業をやらせていただく機会があり、お金のことを教養レベルで教えて欲しいという先生方からの引き合いも多くなりました。
今は皆さん10代からアルバイトしていますが、そこで得たお金の使い方が重要なんです。たとえば包丁という道具をうまく使えば美味しい料理を作ることができますが、間違った使い方をすると人を傷つける。お金も同じで、道具なんです。せっかく働いたお金なのに、悪気がなく詐欺まがいのことをしてしまったり、貸し借りで友人関係が崩れたりしますから。
僕はお金の貯め方や、資産運用、リスクマネジメント等のノウハウも伝えますが、一番伝えたいことは、お金というものは品格であり、お金という道具を上手に使ってみなさんの人生の質を高めて幸せになってもらいたいということです。
お金には“生き金”という言葉あります。月々20万とか25万稼ぐのに、汗水たらして、ときには上司から嫌味を言われたり、クレーム対応で頭を下げていたりしているわけです。でも使うときは疎かに空気のように使ってしまっている。それを実感の伴った生き金、生きたお金になるような使い方をして欲しい。お金そのものを見るのではなく、お金の背景にある見えないストーリーや想いを見て欲しいのです。
たとえばその子さんの食事は、ただ空腹を満たすために作られたものではありません。ただの伊達巻でもないし、ただのおでんでもない。その背景には、息子を亡くした思いがあり、その思いが込められた食事なんです。
お金であれば、汗水たらしたお金だということを実感しながら、生き金になるような使い方をしてもらいたいですね。

日下部そういう感覚がない人の方が多いということですね。

虫鹿社会がそうですから。脳科学的にも現金主義が良いと脳科学者の方もおっしゃっていましたが、今はできるだけ現金ではなくクレジットや電子マネー決済ですよね。私がお勧めしたいのは20万円だったらそれを1か月4週間とし、封筒に1週間5万円ずつに分ける。5万円の重みを感じながら使って欲しいです。

日下部先日ある番組で取り上げられていたのですが、高齢者施設でリハビリを頑張ると、その施設内で使える通貨をもらえるんです。頑張ることで稼ぐことができる、そしてそのお金を好きに使うことができる。人はお金を稼いで使うということが脳が活性化されるんですね。
高齢者になると介護している家族に年金を管理され、自分で自由にお金を使えなくなってしまっている人も少なくありません。ましてや稼ぐなんてことからも離れてしまっていますよね。でもその施設では稼ぐためにリハビリに励むという努力の目的ができる。その稼いだお金で施設内で自由に使う喜びがもてる。生きている実感がわくのでしょうね。目を見張るようなリハビリ効果があるらしいです。

虫鹿とっても良い話ですね。

日下部お金の使い方は人様々で、1000円単位や100円単位でお茶代や物に全部変えてしまう人もいれば、20万になるとお墓参りに連れて行ってもらえるサービスを買うために、コツコツ貯める人もいます。ただ札束をみて満足するような人もいるし、先ほどの品格というのはこういう使い方に現れてくるのだと思いますね。

虫鹿その子さんから教わったのが、迷ったときは原点に立ち返るということなのですが、お金の原点は物々交換なんです。その交換することの喜びや思い入れですよね。
実感を伴うようなお金の貯め方として、うちは家の中に神社を作りました。愛知県に虫鹿神社という本物の神社あるのですが、間違いなくうちの先祖で僕はその末裔なので、勝手に分社して作ってしまいました(笑)
神社なので100円玉専用、500円玉専用、1000円用の賽銭箱を3つ作り、10年以上、毎晩この3つに欠かさずお賽銭を入れて二礼二拍手をやり続けています。これは貯金箱と違って神様に献上したお金です。10年で100円玉は36万、500円で182万、1000円で360万になり、神様のお金なので神様が喜ぶお金の使い方をしようと決めて、36万でお義母さんに当時一番いい冷蔵庫を買ってあげました。
お義母さんは料理が好きな方なので、とても喜んでくれて、妻の実家には年に数回泊まるのですが、食事のときの料理が1品増えましたね。これが生き金だと思っています。
姪っ子はこれを1円玉でやっていて、バレンタインのときに、それで僕にチロルチョコと手紙をくれたんです。“やすまさおじちゃん、いつも遊んでくれてありがとう。大好き”って。もう嬉しくて目がハートになっちゃいましたね(笑)。賽銭箱貯金から買ってくれたチョコと手紙だということがとても嬉しかったですね。

虫鹿 恭正

日下部その間、ずっと貯めてくれていて、神様が喜ぶ使い方に選ばれたのは嬉しいですね。

虫鹿そうなんです。ポンと出した36万とコツコツ貯めた36万。同じ金額ですが、大きな価値があると思うんです。500円玉賽銭箱の180万は、両家の両親を連れてハワイに行くことにしたのですが、とても喜んでくれました。ただのお金ではなく、神様のお金で旅行に行くことが出来たということなんですよね。

日下部お金は人を悪に変えてしまったり、お金があっても幸せを感じられない人がいたりしますから、お金を活かして自分が幸せになるということが一番大事ですよね。

虫鹿物理的に多いから幸せとは限らないですよね。芸能界をみてもそうですが、稼いだお金と幸福度は比例しません。今の子供は小学生くらいからお小遣いを貰っていると思いますが、子供は100円というと視野が狭いので、駄菓子やガチャガチャのおもちゃとか、使うものが単純なんです。本当はお母さんと一緒に100円でどれだけ人を喜ばせることができるかを考えて欲しいんです。先程のチロルチョコの話しも、賽銭貯金だけでなく、そこに手紙を添えることで、もの凄い生き金にしている。お小遣いを通じて、質の高いお金の使い方のを教える。これが21世紀の金銭教育だと思うんです。

日下部私、1年間500円玉貯金をして、そのお金で主人の誕生日に主人が欲しいものをプレゼントしています。私も神社にして神様が喜ぶお金にしようかな(笑)

虫鹿想いが伝わりますね。お金の神様は誰にでも現れてくれるわけではなく、備えてきた人に必要なタイミングで現れてくれるんです。
息子を亡くしたとき、妻が腑抜けになってしまい、体重が30㎏まで減ってしまったんです。それで何をしたかというと、仕事を休むことにしたんです。妻も正社員でしたが、これが出来たのは虫鹿神社の最後の賽銭箱360万と貯金があったからです。息子の供養にかかる費用、それから次の子供が宿ったときの高額な検査代など、それも虫鹿神社のお賽銭から使わせてもらいました。もし夫婦で貯金が50万しかなかったら到底休むことはできませんでした。
今は人生100年と言われますが、その分ターニングポイントも増えます。そこを乗り越えるためにはお金が必要になってくる。私は“変身資産”と呼んでいますが、持っているお金以上の決断は出来ないんです。50万あれば50万の決断が、100万あれば100万の決断ができる。1000万あれば1000万なりのということになります。

日下部なるほど、お金は本当に大事ですね。最後に虫鹿さんの健康管理を教えてください。

虫鹿大学時代、尊敬する叔父が合気道部にいたこともありますが、武道の達人と呼ばれた伝説の先輩が名古屋に作った道場を見学したら、その魅力にとりつかれてしまい、それからずっと合気道を続けています。
私が行っている若松河田の道場は朝の6時半から稽古が始まりますが、私はだいたい朝8時からの稽古に週5~6回参加していて、日中も仕事の合間に行ったりしています。

日下部その子さんの影響で、バランスが取れた食事を今でもされているのですか?

虫鹿お金の使い道には、消費、浪費、投資、理念(志資)費の4種類があり、意識して使いなさいとその子さんから教わりました。それを応用して週に1度、4種類の蛍光ペンで領収書やレシートに色分けをしています。合気道の月謝などは投資になりますし、食べ物を浪費に使ったのか、自分への投資に使ったのかがわかるんです。
こうすることで、お金の品格も高めて、自分の健康も守れる。これが自分にとっての健康法なのかなと思います。

日下部虫鹿さんにはお金の神様も食べ物の神様もついていそうですね。今日はありがとうございました。

虫鹿 恭正・日下部淑美

日下部淑美からひとこと

人は何かしら辛い経験をしてきているものです。
その経験があるからこそ、人に寄り添い人の力になることができる。虫鹿さんがその証明のような人に感じました。
自分のことだけを考えると辛く感じることも、この経験をどう活かし人の役に立てようかと考えると、その苦しい経験に感謝せずにいられない。お金も神様が喜ぶ使い方を子供の頃から伝えられたら、どんなに素晴らしいことか。
是非この考えを広めたいですね。

会社データ 関連リンク

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す


PAGE TOP