がんや難病の人を救うため、医者ではない僕だからできることをやりたい

株式会社Dr.Smile 代表取締役社長

遠嶋 康雄

がんや難病の人を救いたいという想いから、健康事業を始めたDr.Smileの遠嶋社長。イワシの油を抽出したサプリ「AOZA」の開発や「こだわりすぎて世界一品数の少ない自然食品店」を作ったきっかけとは?

抽出した単体の栄養素をかき集めて団子にしたようなサプリメントに違和感を感じていた

遠嶋 康雄

遠嶋 康雄(とうじま やすお)

証券マンだった29歳の時、偶然手に取った本に衝撃を受け、約5年間、栄養成分、健康・美容について学び「本当の本物」を徹底追求。2007年に(株)ドクタースマイルを立ち上げ「AOZA(アオザ)」を製造販売。プロスポーツ界、芸能界、そして政財界と幅広い層から高い支持を受けている。

日下部日下部「こだわりすぎて世界一品数の少ない自然食品店」を作ったきっかけはなんですか?

遠嶋元々は金融機関にいて毎日数字に追われながら仕事をしていましたが、色々な葛藤があって、「この仕事はお客様のためになっているのか?喜ばれていることなのか?」と疑問が湧いてきたんです。そして、あることがきっかけで修行することになりました。

日下部どんな修行ですか?

遠嶋きっかけは本だったのですが、その本を読んで著者の方の門をたたき、弟子にして欲しいと申し出たんです。何度も断れましたが、和紙に筆で手紙を書いたりして、なんとか許しを得、約5年間、健康や栄養について学ばせていただきました。
そこは多くのサプリメントも開発していたのですが、従来型の、人工的に抽出した単体の栄養素をかき集めて団子にしたような、自然とは違うものに途中から違和感を感じ始めたんです。と同時にその頃くらいから、何故か僕の気持ちの中で「がんの方や難病の方を救いたい」という想いが湧くようになったんです。

日下部それはご家族の方に病気の方がいた等のきっかけがあった訳でもなく?

遠嶋そうなんです。それなのにそんな想いがズドンと自分の心のど真ん中を占めるようになったんです。

日下部私と一緒です!私の母親が乳がんだったのですが、母が闘病していた頃の私は若くて、そんな感情も湧いてきませんでした。でもいつの間にか“がんの方をなんとか救いたい”なんて想うようになったんです。

遠嶋今、がんの罹患率も増えていて、報道などでもよく取り上げられていますが、周りが悲しんでいる姿を見るのが、たまらないんです。ボディブローのように心に積み重なって・・・。僕は医者ではないので、効果効能を伝えることはできませんが、医者じゃないからこそできることもあるのではないかという思いが、今の事業の起点になっています。
自分ができることを追究する中で、自然の畑や発酵の現場に接していると“人智を超えた何かがある”と感じるようになりました。結局科学は後追いで、自然界の摂理を後から科学で証明しているだけなんです。
後追いする中で素晴らしい理論だったりするわけですが、実は自然界が最先端なんだっていう意識がほとんどの方に無いと思います。

日下部そう!それは私がいつも思っている“温故知新”ですね。自然の摂理なんて古臭いように思いますが、その古臭い中にこそ新しい知恵があるわけです。

遠嶋おっしゃる通り!自然の摂理なんて言うと「非科学的」だという人がいますが、それは正しくは「未科学的」ということなんだと思っています。自然界の営みって、まだまだ科学では証明できない“完璧なもの”が存在していますよね。

日下部陰陽五行もそうですよね。これはまさに自然界の摂理を体系化したものなんです。

遠嶋”真理”は普遍的なものがあると思うんですよね。それを見失っている以上、がんの患者さんは救えないし、治るわけがないと思ったわけです。ですので、サプリでも自然の摂理を取り入れるべきだと思ったんです。

日下部同感です。人工的、化学的に合成された成分はNGだし、いかに自然で天然のものを入れられるかですよね。人間の体は賢くできているので、合成栄養か自然栄養かは判断できているんだと思います。

遠嶋体は絶対わかりますよね。修行中に体調の悪い方と接してヒアリングすることが多かったのですが、食べ物の中で共通していたのが、「白い精製した砂糖」と「悪い油」だったんです。これを知らず知らずに摂っていることが多かったので、この2つを解決すれば大きな突破口になると思い、僕は油から取り組もうと決めました。
何が一番良いかを考えた結果、“油は油で対抗するのがいいだろう”となったわけです。

AOZA

日下部昔は油で掃除してましたよね。油は油で落とす。

遠嶋開発当初、油について調べていたら、その頃はオメガ3の油もまだ認知されておらず、コエンザイムQ10が世の中に出始める1年くらい前だったんです。ある方からコエンザイムQ10は日本で商品化されれば必ず爆発的に人気がでると言われ、コエンザイムQ10が一番含まれているのはイワシなんだと教えてもらいました。それでイワシにビビッときて徹底的に調べたところ、オメガ3(DHA・EPA)、コエンザイムQ10に加え、ビタミンEやビタミンDも含まれている。これは素晴らしいと思いましたね。
また僕が大事にしたいのは食歴。イワシは日本人がずーと食べてきたものです。更に言えば、海の汚染が進んでいるので、できれば中型以上の魚は避けたい。それで小さい短命な魚、カタクチイワシを選んだわけです。
小さい魚から生のまま油を取り出すのが大変でしたが、これを話すと、もの凄い時間がかかるので今日はやめておきます(笑)
最初はオリーブオイルのように瓶に入れて使える油にしようとも考えたのですが、とてもデリケートな油なので、保存を考えるとカプセルに入れざるを得なかったわけです。それがこのAOZA(アオザ)です。

日下部今はDHAやEPAは生活習慣病の薬の成分にも使われていますから、サプリとしての効果効能は言えませんが、医薬品としてすでに効果は証明されていますよね。

遠嶋カタクチイワシの不純物の少ない一番良いところの油のみで、1カプセルの中に3匹分の油が入っているので、かなりコストと手間は掛かりますね(笑)

日下部私はお寿司屋さんでもアジとイワシと芽ネギがあれば十分で、青魚が一番好きなのですが、油のサプリは臭いと感じるのもありますよね。

遠嶋このAOZAは酸化しないようにこだわっているので、カプセルを噛んで食べる子供もいるくらいなんですよ。

日下部それは凄い!新鮮ならではですね。

遠嶋自分が食べたい、そして子供に食べさせたいと思うものを作ることがポリシーなんです。この商品は実際に子供も好んで食べることが多いですね。
子供は味覚も体も敏感に反応し、本当に必要なものを感じ取る能力があるので、本当に必要なものを好むのだと思います。
僕は「栄養素はチームで働くものだ」と思っているので、人工的に単体の栄養成分だけを取り出して作るサプリには基本的に反対なんです。そしてさらに言えば、食べものを丸ごと摂ることで、まだ特定できていない未知の栄養も含めて一緒に摂れていると考えています。

日下部まさにその通りですね。栄養学はまだまだ発展途上なので、知られている栄養成分は氷山の一角に過ぎない。ポリフェノールだってまだ評価されるようになってから新しい成分ですよね。
丸ごと食べることで、知りえない栄養まで一緒に摂れて相乗効果があるんだと、私もよく自分のセミナーなどで話しています。

遠嶋それにサプリメントは補完するものですからね。

日下部サプリメントを有効にするには、サプリメントに依存するのではなく、食事のベースを整えた上でどうしても補えない部分に活用するのが一番だと思っています。
昔のような食事ができればよいのですが、今は野菜などの栄養自体が減ってしまっていますし、生活のスタイルも環境汚染も、全く違ってしまっています。そこに昔と同じで大丈夫とは、やはり言い切れないですよね。

遠嶋康雄・日下部淑美

遠嶋毎日見本のような食事をしなさいと言われても、なかなか難しいですよね。そこに人の知恵を駆使したものが必要で、そこに自分たちの役割があると思ったんです。
普通の一般的な魚油サプリメントなら成分表示のところは、“精製魚油”となるのですが、うちはそのままを入れているので“イワシ油”という表記なんです。ロットごとに、どこでいつ採れたイワシかも管理しています。安心安全を徹底して管理しています。
広告宣伝もせず、口コミとご紹介のみで最初の5年間はこのAOZAの製品のみで事業をやってきました。
これ一本でやっていくんだという僕に、金融時代の友人からは、商品一つでうまくいくほどビジネスは甘くないと言われました(笑)でも、僕には想いがあったんです。人は“ただの商品”より、“想いのこもった商品”の裏側にあるストーリーで選ぶはずで、これは世の中の人を助けるものになると。そんな想いだけで歯をくいしばってやってきました。

海のものと密接にかかわってきた日本民族には普遍的なものが一番いい

日下部淑美

日下部 淑美(くさかべ よしみ)

BODY INVESTMENT代表
フードエリート / 真実の予防医学食研究家 / 管理栄養士

プロフィール

日下部AOZAはベトナムでも販売されているんですよね?

遠嶋ご縁が広がって、昨年からベトナムでも販売させていただいております。

日下部ベトナムはまだ日本より昔からの自然の食事が一般的なのではないですか?

遠嶋ベトナムは二極化していて、生活スタイルの欧米化は日本以上のスピードで進んでいます。経済発展のスピードが尋常ではないですよ。食事は野菜が多くて健康食というのがベースにはあるのですが、やはり欧米化の食事にも偏りつつあるので健康を害する人が増えています。それもあって、サプリメントのニーズも高まっているようです。うちのAOZAを気に入って取り扱うことになったベトナムの有力者の方がいるのですが、このAOZAのコンセプトを聞いたときにビビッときたそうなんです。その方の会社と業務提携して、ベトナムでの販売はお任せしています。

日下部自分のこだわりと想いを貫いた結果ですね。こだわりを捨ててしまったら、他のものと同じで埋もれてしまう製品になってしまいますから。こだわりを持ち続けたからこそのご縁と展開ですね。
食べ物は、やはり安かろう悪かろうですよ。

遠嶋やはり、価格には意味がありますよね。このAOZAも1万円するのですが、製造工程などに詳しい方は安いと言ってくださいます。
当初価格を設定するときには1万8千円か2万円にしようと考えていたのですが、数が増えれば価格が下げられると見越して、1万円に設定しました。最初はきつかったですけどね。

日下部そうやってお客様目線に立ち、こだわりを押し付けるような金額にしていないところが、今のような販売実績につながったのではないでしょうか。

遠嶋もう一つ、科学的なものはだんだん売れなくなるのではないかと思ったんです。自然派志向の方が増えていくと思っていたんですよね。日本民族はやはり海のものと密接にかかわってきたので、流行りのものではなく、普遍的なものが一番だと考えました。

日下部分かります。南国のスーパーフードといわれるものが最近もてはやされていますが、日本にも、元々スーパーフードがたくさんあります。なぜ優秀な日本のスーパーフードを忘れて、名前も覚えられないような外国のスーパーフードに飛びつくのかと思いますね。横文字はおしゃれな感じが魅力なんでしょうか。(笑)

遠嶋イワシってスーパーフードですよ。うちのAOZAの油は、『エキストラバージンイワシオイル』であり『クリーンフード』です(笑)クリーンなスーパーフードがこんな身近にあることを皆さん忘れている。普段の食卓に青魚をって思いますね。
それから食における問題は行き過ぎた低価格競争ですね。食における時計の針を江戸時代くらいまで戻せたら良いですね(笑)

遠嶋康雄

日下部まだ汚染されていない食で、良い時代の日本に戻せるといいですね。そうすれば余計なものが不要になる。
仕事の仕方も違いますよね。パソコンも携帯電話もない時代でも仕事はできたし、それで日本は経済成長してきた。でも、今はノートパソコンにタブレットに、スマートフォンと何個もっているのか?って感じで、いつも追われている。休む暇がないので、頭のリセットや気持ちの切り替えもできない。

遠嶋なるべくナチュラルにと意識している僕も、そんな“追われる”状況に陥ってしまっていますから、企業戦士たちは本当に疲弊している。昔の友人に会うとやっぱり疲れていて、最近はそんな友人のための商品となっています(笑)

子供のことを考えると何もせずにはいられず、予定より3年早くお店をオープン

Smile Seeds Market

日下部お店を出されたきっかけは何だったんですか?

遠嶋お客さんと接する中で、今度は野菜はどんなものを食べれば良いのか?調味料はどんなものを使ったら良いのか?とかいう相談を受けるようになってきたんです。それで自分ももう一度勉強しようと、農家さんを訪ねたり、発酵のことを学んだりして、ご縁が広がり、このこだわり過ぎたお店が出来てしまったんです。

日下部お店はいつできたのですか?

遠嶋約3年前です。実は予定としてはもう3年後くらいにつくりたかったのですが、TPPの交渉がスタートしてしまったこともあって、種の問題で、遺伝子組み換えでない固定種のお野菜の情報を発信できる場所をすぐに作らないといけないと思ったんです。それから、今の食の世界が無茶苦茶で、命より経済が優先される時代になってしまっている。子供のことを考えるともう何もせずにはいられず、見切り発車で予定より3年早くお店をオープンしたんです。
店で扱う商品は、化学合成物質が入っていないもの、原材料からの安心安全なもの、子供や孫に安心して食べられるものを提供しています。遺伝子組み換えのものは扱わないという条件で揃えました。普通こういうお店の場合、品揃えも豊富にする必要があるはずですが、そんなことはどうでもいいと思いました。
最初は本当に商品を探すのが大変で、棚はスカスカまではいかないものの、決して豊富とは言えなかったですね。でも素晴らしい農家さんや生産者さんたちとのご縁もあり、その方々からのご紹介の連鎖も起こり、良い商品とめぐりあえています。さらに全国のこだわりの生産者さんから売り込みに来ていただく機会も増えてきて、素晴らしい生産者の方の埋もれている商品を扱わせてもらうことも出来るようになってきています。とても嬉しい循環で、何とか一次産業の活性化にも繋がればと思っています。
僕の店のスマイルシーズという名前は「野菜の種を守りたい」ということはもちろんですが、あわせて『未来を担う希望の種~子供たちの食を守りたい~』という意味でつけているんです。

Smile Seeds Market

Smile Seeds Market

楽しく食事をしてお酒を飲む。出来る範囲での食事のケアがちょうどいい

日下部淑美

日下部周りの方を健康にしたいという想いで仕事をされていますが、ご自身は何か気をつけていたりしますか?

遠嶋僕、実はお酒が大好きなんですが、とても元気なんです。たぶんAOZAのおかげだと思っているのですが・・・(笑)それから食事は子供に食べさせたいと思うようなものを基本的に取り入れているので、リセットはできていると思います。ただし、適当な食事のときもありますよ。僕は適当なときは本当に適当なんです。(笑)
こだわり過ぎると苦しいので、緩い感じがちょうど良いのだと思います。楽しく食べることが一番大事なので、楽しく食事をしてお酒を飲むことが第一優先で、出来る範囲で食事のケアをしていますね。

日下部私もそうですよ。よく人からはこだわりのものしか食べないと思われたりするのですが、何でも食べますし、ジャンクなお菓子も食べてます(笑)
ただ、自分でどれだけリセットができるかなので、メリハリのある生活をして、あまり考えずに自然にコントロールができていると思います。辛いとか重いとか消化が追い付ていないとか、カラダが教えてくれるので、あまり意識せずに調整していますね。

遠嶋カラダの声が聴けない人も多いですよね。あまりにもこだわっている人は楽しそうでない人もいて・・・それは逆によくないですよね。

日下部そうなんですよ。逆に体調崩して、顔色悪くしている方がたくさんいます。
たまに、お肉食べると私に怒られると思う人がいるんですよ(笑)そんなことないんですけどね。選び方や食べ方を気をつけることは必要ですが、ジャンキーなものを食べたり、飲みすぎたり、食べ過ぎたりすると、カラダに負担がかかっていることを感じることもできると思うんです。
そのときは、一所懸命働いて処理してくれているカラダに謝って感謝をすることです。自分の部下と同じで、自分の始末をしてくれているカラダに感謝の気持ちを伝えることが、カラダを大事にする一歩だと思います。

遠嶋康雄

遠嶋カラダが自分のために一生懸命働いてくれているということは忘れがちですよね。また、食べた物が自分の身体の一部になり同化していくことを理解していない人も多い。そこを理解できると、自然と口に入れるものが変わってくると思うんですよね。
無農薬野菜を扱ったり、化学調味料を使わないなどのこだわりの店って、特別視されてしまいがちですが、実はそれが昔は当たり前だったわけで、特別でもなんでもないんです。そんな当たり前のお店が増えてくれると嬉しいですよね。

日下部これからの遠嶋さんの展望を教えてください。

遠嶋がんの人や難病の人を救いたいという想いが僕の原点です。がんも難病もこれからもっと増えていくと思うので、医者ではない僕だからできることをやりたいという構想があります。それはまだ頭の中だけでの構想ですが、そういう場を作りたいと考えています。人の健康に貢献できるような流れを作りたい。
もう一つは、一次産業の職人さんはとても素晴らしい商品を作ることができるのに、それを販売してビジネスにすることが出来ずに、廃業に追い込まれてしまうようなケースもあるので、そこを手助けして橋渡しをしっかりやっていきたい。良い商品であることをしっかり伝えていきたいと思っています。
ただ、このようなこだわりの品を揃えているお店は、正直経営としては難しいところがあります。それを成立させて、こういう業界でも商売、経営としてやっていけることを証明したいですね。証明しろと神様から言われているような気がしています。

日下部私達もそういうお店が生き残れる世の中でないといけないと思っています。
こうやってインタビューをして、想いや必要性を伝えて、誰か一人でも何かを感じてもらえたらという想いなので、気持ちは一緒ですね。

遠嶋康雄・日下部淑美

フードエリートからひとこと

食が変わり腸内フローラが変わると意識や思考も変わると言われています。食べ物が自分の身体の一部になっていることは間違いありません。遠嶋社長のお店は人が必要とする空気まで配慮をして壁に竹炭の塗料を5回重ね塗りして空気を浄化しています。
みなさんは自分の身体にどのようなものを摂り込んでいますか?また未来の子供のために日本、地球レベルでどのような環境を残そうとしていますでしょうか?
他人事から自分事に物事を考える人が一人でも増えると地球規模の健やかさが戻るように感じました。

会社データ 関連リンク

株式会社Dr.Smile

東京都港区南青山3-7-16 コア南青山B1F

TEL: 03-6447-0741

代表者:遠嶋 康雄

AOZA(アオザ)の公式通販サイト「アオザショップ」

Smile Seeds Market

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す


PAGE TOP