BIメールマガジン

【Vol.310】時は金なり

おはようございます。Bodyインベストメントの日下部淑美です。
先週は沢山の方に免疫アップセミナーにご参加いただき誠にありがとうございました。セミナーを開催するというのは自分の中の整理にもなってとても良い機会です。ありがとうございます。
お話の続き後半日程をお知らせします。引き続き興味のある方は是非お申込みくださいませ。

★ZOOM免疫アップ栄養セミナー(無料)
追加開催 基礎1 5月7日11時~12時半 
基礎2 5月10日11時~12時半
基礎2 5月12日11時~12時半

お申込みは以下のフォームよりお願いします。
https://ws.formzu.net/sfgen/S36251448/

好評発売中!『陰陽五行で体を整える健康ごはん』
https://www.amazon.co.jp/dp/4865461388/ref=cm_sw_r_oth_api_5JruybWC78H2C

—————————————————————————-
■時は金なり
—————————————————————————-
連休中、いかがお過ごしですか?どこにも行けず、楽しみ方がいつもとは違うGWですが皆さまなりの楽しみ方、時間の使い方をされていることと思います。
自粛生活も慣れつつある今日この頃ですが、時間に余裕があるようで、あっという間にもう5月。「時は金なり」という言葉を皆さまもご存知と思いますが、これはアメリカの100ドル紙幣に印刷されているベンジャミン・フランクリンという方の言葉だそうです。
時間は目にはみえないが、お金と同等の価値があるという意味です。『フランクリンの13の徳』の6番目の「勤勉」で示されており、「時間を浪費するのは周囲のせいではない、常に自分が選択をしてる。自らが利益になるための行動をおこせ」と。
お休みになって仕事がなくなると、時間をお金に換えることができず、収入がなくなってしまう。しかし、今は直接収入になっていなくても、時間は十分にあるのであれば、その時間をどれくらい有効的に使うかで後の収入に差が生まれてくる可能性もありますよね。だからこそフランクリンの「勤勉」という内容で記されているのでしょう。
皆さんは時間をどのように使っておりますか?私はついつい浪費してしまっているところがあります。なんといっても、休憩時間が長く、自分に甘い(笑)お恥ずかしいことに締め切りがないと頑張れないタイプ丸出しです(笑)
仁先生(ドラマJIN)の損得なく目の前のことに全力で!という姿勢から学んだ教えを実践し、残りの自粛期間、少し時間の有効活用を心がけていこうと思っております。自分への戒めのためにもメルマガに記載をさせていただきました(笑)
皆様の中には、私と同じように少々休憩を長くとり気味の方もいるのではないでしょうか?(笑)
時は金なり。自分の出来ることを確実に!毎日少しでも前に進んでいきたいですね。それでもJINを観る時間は欲しい私です(笑)(3日の日曜で再放送が終わったので、見逃した分を観たらJINから解放されます)
フランクリンの13の徳、よかったら検索してみてください。
ごもっともな内容ですが、なかなか厳しいので、成功の法則のように言われています。

————————————————————————–
■記憶のアロマシャンプー
————————————————————————–
香で目覚める~頭皮・こころ・からだ~
http://www.bodyinvestment.jp/item/4146.html

開発をされたウィル企画の代表西村さんとの対談
http://www.bodyinvestment.jp/manage/4243.html

————————————————————————–
■カラダづくりコンサル
————————————————————————–
腸内フローラ検査キット注文受付中!
https://www.karada.consulting/pages/3334366/page_201910262026

腸内フローラ改善プログラム1Day講座次回日程
5月30日(土)11時~16時
https://www.karada.consulting/pages/3334366/page_201910262026

—————————————————————————-
■臓活しませんか?
LINE@はじめました ⇒ https://line.me/R/ti/p/%40jmn2917b
—————————————————————————-
https://zoukatsu.amebaownd.com/pages/502599/page_201606082045
”臓活”とは、日本の古の叡智の陰陽五行食養生に栄養学、そして持って生まれた先天の性(精)を知り、その人個人にあった真の養生をまなび生き方まで考慮して五臓六腑を活性化させ、人生を豊かに輝かせること。

—————————————————————————-
■著書のご紹介
—————————————————————————-
「The Japanese Food」(Kindle 英語版)
「もっと知りたい日本食」(Kindle 日本語版)
「A型のための病気にならない食べ方のルール」(かんき出版)
「陰陽五行で体を整える健康ごはん」(マガジンランド)

—————————————————————————-

★ご質問やご意見をお待ちしております。
http://redirect.bodyinvestment.jp/gpu/r.g?gpid=uIHDDsynaLBBAPR43

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す


PAGE TOP