BIメールマガジン

【Vol.007】食と身体を整えて運命を切り開く術

=======================================

■BODY INVESTMENTメールマガジン【Vol.007】
ビジネス、食、カラダ、マインドなど多方面から役立つことを発信!
パーソナル健康投資マガジン。

発行日:月2回(新月、満月)

————————————————————————
■食と身体を整えて運命を切り開く術
————————————————————————
こんにちは。食と身体を担当する管理栄養士の日下部淑美です。

「人の運は食にあり」

江戸時代の中期に活躍した人相、手相の研究家である水野南北は、日本の人相、
手相占いの元祖ともいわれている運命学者です。彼の著書である『南北相法』
は占い師の古典とされており、占いを志すものが必ず目を通さねばならない本
とされています。

彼は、人相などを勉強するために最初に髪結いの弟子として3年間修業し、多く
の人の人相を研究しました。次に大衆浴場の仕事を3年間行い人間の体を観察し
ながら顔との結びつきや特色などを研究し、骨組や体の状態の様子を調べたの
です。

しかしながら、そこまで研究してもどうしても百発百中という結果とならず
あげくの果てには死体を切り開き、運の悪い人には共通して内臓とくに胃や腸
の中の色やツヤ、残存物が悪いことを発見したのです。

ここから彼は「運は食なり」という結論にたどりつたいのでした。

水野南北が300年もの長い年月の間受け継がれているというのは説得力がありま
すよね。

水野南北は、食事に対してかなりこまかな注意を書き残しています。食事の量
を見ると、その人の性格や運がわかるとさえいっています。食事量の少ない人
は、たとえ人相が悪く見えても福相で長命型が多い。人間の欲望の中でいちば
ん強いものは「食べる」という欲望です。その「食べる」欲望をどのようにコ
ントロールするかが、本能的な欲求をどの程度コントロールできる人物である
かを物語っているといっています。

法相修身禄より
人間の生命の根本は食である。たとえどのような良薬をもちいても、食べな
ければ生命をたもつことはできない。だから人にとって本当の良薬は食である。

医学の父ヒポクラテスも「食をして薬となし、薬として食をなす」と言ってい
ます。

「運も実力のうち」と言いますが日ごろの摂生が”運を導いている”ことも事
実のようです。

最近原因不明の病気になる方を多く目にしますが、せっかく能力を持って生ま
れてもその能力を発揮できる体がなければ意味がありませんよね。

南北曰く、「粗食の者は貧相でも幸運をつかむ」だそうです。

運を味方にしたい人は試してみるのもいいかもしれませんね。

●【最新ニュース】

◆ お酒を飲んで顔が赤くなる人が高血圧になる危険性が高い

年末年始はお付き合いも多くアルコールを摂取する頻度も量も増えますよね。

韓国の忠南大学による調査によると、お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人は週
に4ドリンク(1ドリンク:ビール340ml、ワイン140ml、ウイスキー43ml程度
に相当)以上飲むとアルコールによる高血圧症になるリスクが飲まない人の2
倍高まるとのこと。

特に日本人を含むアジア人の半数は飲酒により顔が赤くなる性質をもっていま
す。連日のお付き合いもほどほどにしましょう。

●【五行について~冬~】

この季節は五行で「水」になります。
水は、前回にもご紹介したように体では「腎」・「膀胱」になり
そして色では「黒」になります。

「黒色食品」がお勧めです。

黒豆、黒ゴマ、黒米、そば、海藻、牛蒡、きくらげなどの黒色食品を積極的に
取り入れましょう。

黒豆は体液の調整にも効果があるので血圧などの正常化にも役立ちます。
「腎」が弱っている場合には、黒豆の煮汁などをとると「腎」を助けてくれま
す。

また「腎」と「豆」は類似の関係にあります。

特に小豆はビタミンCも多く、コラーゲンの活性化にも役立ちます。
老化予防や膠原病、リューマチなどの予防にもつながりますので積極的に摂り
たい食材です。

昔は旧暦の1日と15日の新月と満月の日に小豆ご飯をたべる習慣があったよ
うです。月のリズムは女性の生理のリズムでもあり、月のエネルギーが高まる
日に小豆を食べると体内リズムが整うと言われます。

日本の風習で子供の成長の節目に小豆の入った赤飯でお祝いしてきたことにも
ちゃんと意味があると再認識する必要がありそうですね。

●【冬の旬食材】~昆布~
昆布は「喜ぶ」に通じる縁起物なのはよく知られています。これは単なる語呂
合わせではなく、栄養学的に見ても身体のために大変良い食材なのです
昆布だけでなく、海藻はカロリーが低く、ミネラルが豊富です。例えば、昆布
に含まれるミネラルは牛乳の約23倍。カルシウムは約7倍、鉄分は約39倍も含
まれています。

★簡単レシピ【切り昆布とサツマイモの煮つけ】
(材料)
切り昆布 20g、さつまいも細めを1本、水1C、酒大1と1/2、砂糖大2弱、塩
少々、しょうゆ大1/2
(作り方)
1、切り昆布はもどし、水けをきる。
2、サツマイモはよく洗い、皮をつけたまま1.5cm~2cmに切って水洗いする。
3、鍋に切り昆布を敷いてサツマイモをのせ、水を加えて5~6分、調味料を
加えて約20分、煮汁がなくなるまで煮る。

著者:日下部淑美(管理栄養士&自然治癒力研究家)
製薬会社の研究所、医薬品における臨床試験の業務を経て、管理栄養士として独
立。生活習慣病の予防改善のための指導や、セミナー講師を行い多くの人のダイ
エットや数値改善に成功。またレシピの提供や、身体に備わっている自然治癒力
を引き出すための食生活など多義にわたって指導している。

————————————————————————
■BODY INVESTMENT シェア・リーディング!
————————————————————————
■シェア・リーディングVol.7
速読ストーリーコンサルタントが読書を通じて、多くの学びや気づきをシェア(
共有)するコラム

「あなたは半年前に食べたものでできている」

作者:村山 彩(食欲コンサルタント)
出版社:サンマーク出版

速読ストーリーコンサルタントの徳武英章です。今回は食欲コンサルタントで日
本初のアスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、トライアスリートとして活
躍されている村山彩さんの「あなたのからだは半年前に食べたものでできている
」をシェアします。
本の帯にはご本人(美人ですw)の写真が掲載されており、キャッチコピーが目を
引きますのでご紹介させていただきます。

メインコピー:だいじょうぶ、「食欲」は誰でもコントロールできる
サブ:日本初のアスリートフードマイスターが、食べたいものを食べたいだけ食
べても、太らず、健康に生きていく方法を教える画期的な一冊でした。

裏表紙のコピー
●一生健康でいられるゴールデンチケットを手に入れる方法
●なぜ、体に悪いものを食べてしまうのか?
●本能は、自分を幸せにしてくれない
●サラダを食べていれば太らない、は大間違い
●能力ではなく、「何を、どう食べているか」で人生は変わる
●正しい食欲を取り戻す方法
●つい食べ過ぎてしまったら、どうすればいいのか?
●外食するなら焼き鳥やに行きなさい
●「おにぎり一個+豚肉」と、「おにぎり一個だけ」ではどちらが太るか?
●冷蔵庫の代謝は、あなたの代謝と同じ

出版元のサンマーク出版は「人生がときめく片づけの魔法」プロデュースされて
おり女性の読者もきっちりとつかむ装丁デザインになっています。村山さんが現
在に至るまでの道のりを冒頭ご紹介されていますが、今でこそトライアスリート
(トライアスロンの選手)として健康な体と強靭な精神を手に入れられています
が、それまでは映像制作会社で多忙な日々を過ごし、朝はコーヒーショップのコ
ーヒー、お昼は忙しいので食べている暇がなく、夜は飲み会か接待、そのあとは
深夜にしめのラーメンか焼き肉というおそろしい生活を送られていたそうです。

そこでこのままでは、ということで運動を始め、食事の選択、食欲のコントロー
ルを自身で体現されていったそうです。プロフィールにもあまり聞いたことのな
い「食欲コンサルタント」というネーミングにあるとおり、多くの人たちは「間
違った食欲」をもつ人が増えている証拠がメタボ予備軍に該当すると言っていま
す。

なぜ我々はメタボになってしまうのか。その大きな原因のひとつは「PFCバラン
ス」と呼ばれる三大栄養素のアンバランスにあるそうです。PFCのPはプロテイ
ン(タンパク質)、Fはファット(脂肪)、Cはカ―ボハイドレイド(炭水化
物)です。
人間が生きていくために必要な三大栄養素のことで、どれも欠けても生きてはい
けず、足りない要素が出てくると人の脳は「おなかがすく」=「食欲がでる」と
いうシグナルを出すそうです。

「食欲」のセンサーがうまく働いている人は、タンパク質が足りないときには魚
や豆腐のようなタンパク質が豊富なものが食べたくなり、「食欲」のセンサーが
くもってしまっている人は「とにかく食べたい」という“欲”しか感知できなく
なってしまっているそうです。そして、カロリーを減らせば、やせるわけではな
く、栄養素のバランスが悪ければ、カロリーをいくら減らしても肥満してメタボ
になってしまうそうです。

詳細な理由は本文を読んでいただければと思いますが、各章ごとに刺さりまくる
メッセージが飛び込んできますが、今回シェアしておきたいキーワードは「何を
食べるかで、人生は決まる」…何を食べるかを選べるのは、自分自身以外にいま
せん。

選ぶ食べ物を間違え続けていれば、とっさのアイデアが出なかったり、行動する
ときの判断力が鈍ったりします。巻末には身体が変わる簡単なレシピが付いてい
ます。とても美味しそうな料理のカラー写真で、見ていると食欲をコントロール
しなければと思います(笑)

著者:徳武英章(速読マスター&ストーリーコンサルタント)
映画やドラマの製作投資のための企画開事業会社を経て、現在は海外のコンテン
ツマーケットに向けたコンテンツ投資コンサルティング事業会社を経営。同時に
次世代のビジネスパーソンやクリエイターに向けた速読&ストーリー講座を主宰

————————————————————————
■実録!WEBデザイナーの介護奮闘記
————————————————————————
[その6] 介護は1日にして成らず

忘年会や懇親会が多い季節になってきました。自分はお酒が嗜めるほうなので、
お誘いがあるとホイホイ喜んで行ってしまうのですが、若いころと同じ調子で飲
んでしまうと、翌日痛い目にあうことが多くなりました(すでに今月2回経験済
)。昔はよく朝まで飲んで、そのまま仕事をしたものですが・・・(遠い目)。
酔っぱらってしでかした恥ずかしい話も多々あるので、いずれまた披露させてい
ただきますが、皆様くれぐれもお酒はほどほどに(苦笑)

さて、前回はいよいよ介護デビューを果たすことになったわけですが、昼間はデ
イサービスに通えることになったので、夕方から兄弟3人が交代で実家に泊まり
、介護をすることになりました。

●帰宅~着替編
夕方家に帰ってくる時間帯は、比較的薬が効いているようで、着替えなどは清美
ちゃん自からやろうとしますが、ボタンを外したりするのは人の倍以上かかりま
す。
ゆっくりですが、着替え以外でも人の手を借りずに自分でなるべくやろうとする
その姿には、ちょっと心を打たれます。がんばれ!清美ちゃん!

●歩行~座る編
着替えが終わるくらいになると薬が切れてきて、歩行が困難になります。
健康な自分には考えられませんが、足を前に出す単純な動作ができなくなるよう
です。
いくら足に指令を送っても、まるで他人の足のように言うことを聞かないらしく
、気持ちだけは前に行こうとするため、細かいステップを踏んで、前につんのめ
ってしまいます。
転ぶ危険性があるため、体を支えてあげながら、ゆっくりと椅子に座らせるので
すが、これで安心ではありません。
絶えず体が震えており、まっすぐ体を支えていることもできないため、だんだん
と体が左に傾いていきます。しばらくすると、まるで座ったままで床に落ちたも
のを拾う時のような姿勢になってしまい、自分では起き上がることができないた
め、こうなったときはさすがに助けを呼びます。

●食事編
食事はワタミの宅食をとっていて、夕方に仕出し弁当のような容器に入ったおか
ずが届きます。品数も多く、量もちょうど良いみたいで、清美ちゃんは気に入っ
ているようでした。栄養のバランスもよく考えられており、一度味見をさせても
らいましたが、なかなかのお味。ただ、いくら品数豊富とはいえ、お弁当容器に
入ったおかずだけでは味気なさそうなので、土日は食事を作ってあげています。
食欲は普通の人と変わらないし、箸をもつこともできるので良いのですが、手が
震えているため、ものをうまく掴むことができません。なので、清美ちゃんのテ
ーブルの下には、いつも落としたおかずが溢れています(笑)

●服薬編
なんとか食事を終えると、今度は薬の時間です。薬は1日6回で、朝食後、9時
、昼食後、15時、夕食後、21時に飲みます。食後の薬は多い時で7種類、食
後以外は2種類の薬を飲みますが、間違えないように飲む時間ごとに小さなケー
キ用カップに飲む分だけを入れておいてあげます。
内訳は、パーキンソン病の薬が3種類、幻覚用の薬が1種類、頻尿を抑える薬が
1種類、胃腸の働きを良くする薬が2種類・・・と、これだけでお腹がいっぱい
になりそうな量。
さすがにこれだけの種類を飲んでいると、薬の組み合わせも未知の領域に入って
くるわけで、臨床試験などやっているはずもなく、どんな副作用がでるのか、恐
ろしさを感じずにはいられません。
全てを薬に頼るのではなく、食事や生活習慣等で対処できる部分はそちらにスイ
ッチできればと思うのですが、素人が独断で薬を止めさせるわけにはいかないし
、医者は薬をだしてナンボの商売・・・。本当の意味で患者を健康にしてくれる
お医者さんなり、治療家が出てきてくれることを切に願うばかりです。
そうそう、清美ちゃんは手先が不自由なので、ちゃんと見ていてあげないと、薬
を出すときに飛ばしてしまうことがあり、それはもう節分のような状況になりま
す(笑)。

●寝る準備編
歯磨きや洗顔時も体が前に傾いていくため、洗面台に顔を突っ込むような姿勢に
なってしまいます。体を支えてやっているのですが、それはまるで一昔前の床屋
さんの洗髪シーンのような(笑)
その後は寝間着に着替えさせるのですが、このあたりでようやく薬が効き始めて
きて、調子が良いと自分で着替えることもあります。
あ、お風呂ですが、日中にデイサービスでお風呂にいれてもらっているので、家
では入る必要がありません。これは本当に助かっています。
トイレは付き添いが必要で、穿いているものを下ろしてやり、便座に座らせます
。用を足した後も自分では立てないので、腕を引っ張って立たせてあげなくては
なりません。
実はこのトイレの介助が一番大変で、薬による頻尿のせいもあり、夜中にほぼ2
時間おきにトイレに起こされます。別の部屋で寝ているため、携帯で呼ばれるの
ですが、このときほど携帯の便利さ?が身に染みることはありません(泣)

●介護する側される側
清美ちゃんは自分でやりたくてもできないため、昼夜問わず、あーしろ、こーし
ろとお願い(いや、ほぼ指示に近い)をしてきますが、寝不足や疲労で精神的に
も参ってくると、こちらも言われたことを素直に聞くことができず、ついきつい
口調になったり、冷たくあしらってしまったり、とにかくずっとイライラしてい
ました。
そんなとき、清美ちゃんは「ゴメンね」と謝ってくるのですが、そうすると今度
は罪悪感に苛まれ・・・介護を始めたころは、こんな気持ちを毎日のように繰り
返していました。

今回はここまで。自分は母親一人を見るのでさえこんなに大変なのに、介護の仕
事をされている方々は本当にすごいなあと思う今日この頃。いや、逆に家族では
ないからできるのかな・・・。でも、自分がこうやって介護をしようと思うのは
、今は介護される側の母が、父を最後まで介護し続けた姿を見てきたからだと思
うのです。

著者:坂本隆広(デザイナー&WEBコンサルタント)
デザイン・WEB制作・システム開発会社の役員兼ディレクター兼クリエイターを経
て、独立。最近は仕事が辛くなってきたので、楽して稼げる仕組みを模索中。
————————————————————————
●○ MOON ダイアリー ○●   日下部淑美
————————————————————————
明日は満月
双子座が入っていますので社交的で柔軟性も増すとき。積極的に人とコミュニケ
ーションをとるのに良い時期です。

そして新月のお願いごとの振り返りをしましょう。
まだ踏み出せていないことがあれば一歩前進できるようにこの時期チャレンジす
ることもよいかもしれません。

————————————————————————
■お知らせ■ Beauty治癒倶楽部 【陰陽パワーフード玄米食遊会】
————————————————————————
【先着10名限定】
陰陽パワーフード 玄米食遊会@結わえる

「LOVE玄米!美味しい玄米を食べるあなたが好きです♪」

美味しい玄米が好き!
美味しい和食が好き!
美味しいお酒が好き!
そしてまだ玄米に出会ったことが無い人も
好きになっちゃう!

栄養学と東洋の陰陽五行思想をリミックスした
ポジティブ栄養学コンサルタントの
日下部淑美先生が美味しい玄米の食べ方、選び方指南を
織り交ぜて、玄米好きを熱くさせる交流会です!

人数限定ですが、皆様のお越しを心よりお待ちしております!
(キャンセル待ち必至なのでお早目にお申込みください!)

日時:12月19日(木)19時~21時
参加費:5000円(食事+飲み放題)
場所:「結わえる」
http://www.yuwaeru.co.jp/
最寄駅 都営大江戸線蔵前駅 徒歩3分

主催:BODY INVESTMENT/Beauty治癒倶楽部

お申込:メール mailmagazine@bodyinvestment.jp まで
件名:「玄米食遊会参加希望」
参加者お名前、連絡先

受付期限:12月15日

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

★ご質問やご意見をお待ちしております。
http://www.bodyinvestment.jp/contact

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す


PAGE TOP