BIメールマガジン

【Vol.038】牛乳の「ウワサ」について

【Vol.038】牛乳の「ウワサ」について

おはようございます。BODY INVESTMENT.フードエリートの日下部淑美です。
先週は節分、立春と季節の変わり目というか年の変わり目でしたね。まだまだ寒い日が続きますが土の中では春の準備が始まっています。
人のカラダも同様です。これからの季節はカラダの排毒が進む季節です。もしかしたらアレルギーなどがある人は強く出てしまうかもしれませんね。
また、この時期にしっかりと排毒し肝臓のケアをしてあげることがとても重要です。そのためにも春が旬の野菜には排毒作用(デトックス)の強いものが多く出回ります。
私は、この年の節目である先週1週間を利用してしっかり肝臓や臓器を休めるためにファスティングを行いました。何が辛いって、周りのお付き合いを断ること!!それだけです。(笑)

—————————————————————————-
■日本栄養士会雑誌から牛乳の「ウワサ」について
—————————————————————————-
今回2月号の日本栄養士会雑誌に【牛乳の「ウワサ」を考える】という記事がありました。
人とミルクとの歴史は1万年にもなるそうです。その歴史が食料として十分なポジションにあると言っていますが、日本は150年。
しかも今のように普及しているのは実際は戦後ではないだろうか。さらに1万年前と今の牛乳の違いには一切触れていないところに疑問を感じてしまう。
また乳糖不耐性については、49%の日本人が牛乳を飲むとゴロゴロとするという不快な症状があると調査結果を述べているが、半分の人には症状がないので日本人のカラダに合わないとは言えないとしている。
逆に、約半分の人が合わないのであれば、合うとは言い切れないのではないだろか、と思ってしまうのですがどうですか?
致死量って聞いたことありますよね?あれは症例数の50%が死んでしまう量を致死量にしています。
50%とはそれだけの決定的な量になるといえるのではないでしょうか?
2014年10月にはスウェーデンの大規模調査で「牛乳を飲んだ量と骨折や死亡の関連」を調べた結果、リスクが増加する可能性を示唆したことが、そもそもこの牛乳の「ウワサ」を招くきっかけになっていると書いています。それに対抗し、因果関係ははっきりしていないと言い張る。
アメリカのコリン・キャンベル氏の調査について「葬られた第2のマクガバンレポート」を読んだ人はわかると思いますが、ジャーナルやら医学雑誌には掲載されない葬られてしまうデータというものも存在する。
私は新谷医師(胃腸内視鏡学のパイオニアで世界で初めて大腸内視鏡の挿入方法を考案し、開腹手術をすることなく大腸のポリープの切除に成功し、医学界に大きく貢献している新谷弘実先生)の腸相をみる目を信じたいと思います。
いくら栄養が多い、こんな効果がある。と言っても栄養素で話をしていても仕方ない部分があるのです。

新谷医師の言っていることは過去のメルマガで書いています。
http://www.bodyinvestment.jp/mailma/1045.html

栄養素があっても体内でどう働くかは別。自閉症の症状にも乳製品が大きく関係しています。
いろいろなことを追究していくと腸の強さというものがあるようにも思います。腸を強くするにはどうしたらよいのでしょう?
一番は離乳食の開始を遅くすることだと思っています。親の責任重大ですね。
その後は自分で腸を鍛えていくしかありません。まずはお掃除。腸がキレイになると血液もキレイになっていきます。毎日大事なお便りがしっかりある生活にしましょう。

—————————————————————————-
■がんと食事療法2~実践編~セミナーのご案内
—————————————————————————-
今や身の周りにがんに罹る人がいないという人はほとんどいないのではないでしょうか?
配偶者、親、子供、親戚、上司、部下と必ず身近にある病気。それでも昔は今程がんは多くありませんでした。
3大療法では効果のないがんも多く、転移を繰り返す人も多いのが事実。それには大きく変化した生活環境、食生活があげられます。治すのは医者ではありません。病院に通えば治るものでもありません。
まずは、自分で治すと決めることが先決。そして取り組めることを実践してみてはいかがでしょうか?

昨年11月に開催した「がんと食事療法」の第2弾です。
前回は全体像や病気と心の関係、そして食の全体的な把握をしてもらいましたが、今回は具体的な作り方をデモンストレーションでお見せし、実際に活かしてもらいたいと思っております。

・いのちのスープデモンストレーション
・玄米について
・食事療法に活かすファスティング方法
・日頃の食材の選び方
・これだけは避けてほしい食品
など

キッチン付のスペースを借りての実施になります。
都内ではありませんがアクセスのよい武蔵小杉駅になりますので、興味のある方はぜひご参加ください。

場所:神奈川県川崎市中原区小杉町2-294-6 南部メゾン103号
開催日時:2月28日(土)11時~13時(受付10:45)
会費:5000円

セミナーのお申込みは下記ページにて受付けています。
http://www.bodyinvestment.jp/news/1174.html

★「奇跡の水」を自宅で再現したい人必見。
http://www.bodyinvestment.jp/item/477.html

★美人になるベジ・グリーン・クッキング
マクロビの料理教室で人気のレシピ本
http://www.bodyinvestment.jp/item/939.html

★豆汁グルト
「豆汁グルト」はまるごとの大豆と生きたNS乳酸菌がつくりだした酵素食・発酵菌食です。いわば大豆のヨーグルト。
http://www.bodyinvestment.jp/item/1082.html

★ご質問やご意見をお待ちしております。
http://www.bodyinvestment.jp/contact

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す


PAGE TOP