BIメールマガジン

【Vol.032】腸内環境vol.4~腸内細菌による腸内細菌酵素~

【Vol.032】腸内環境vol.4~腸内細菌による腸内細菌酵素~

こんにちは。BODY INVESTMENT.フードエリート(※)の日下部淑美です。
今年最後のメルマガです。1年間メルマガを楽しみに読んでくださっていた皆様、心から感謝申し上げます。
そして、今年最後のBI推奨商品が追加されました。その名も「豆汁グルト」Facebookで一報を紹介した直後から続々と注文をいただいており、ありがとうございます。詳細は最後の「お知らせ」に記載しますのでご覧ください。
また来年はメルマガのリニューアルも予定しています。こちらも「お知らせ」に記載しますので合わせてご確認くださいね。
今年は腸の内容で締めくくり。最後までじっくり読んでくださいね。

—————————————————————————-
■腸!健康法 vol.4 ~腸内細菌による腸内細菌酵素~
—————————————————————————-
さて腸の4回目です。前回を読み逃した方は以下を参考にしてください。
http://www.bodyinvestment.jp/mailmagazine

いつもは3回で終わるシリーズものが、今回は特別(笑)4回目。
腸相が悪い人は、酵素の無駄遣いをしている人がほとんどである。という新谷先生の言葉にもあるように酵素というものを少し説明したいと思います。
酵素とは、要は「触媒」です。その物は化学反応を起こすものではありませんが、酵素の存在によってその反応が円滑に行われるという存在。
化学などを勉強された方には分かると思いますが、「金属触媒」と同じように働きます。ただ、違いは、酵素は「生命」があるということ。
人は、「消化酵素」というものを作り出し食べたものを消化します。しかし食べたもの全部が人がつくり出す酵素だけで消化できるわけではありません。
人が単独では消化できなかったものは、腸内細菌がいろいろな食べ物を餌につくり出す「腸内細菌酵素」によってさらに消化を促してくれるのです。

2010年には最新のDNA解析によって腸内細菌の全体の遺伝子の数を比較するデータが発表されました。人の遺伝子は約2万2千個であるのに対し、腸内細菌の遺伝子は約330万個もあることがわかりました。
人の遺伝子は多糖類を分解する酵素の遺伝子はほとんどありませんが、腸内細菌には糖質を分解する酵素の遺伝子が260種類以上も存在しているとか。
そのお陰で、私たちは食べたものの栄養を吸収することができているのです。
いくら食事を気をつけても栄養が吸収できない人は、腸内環境が悪く腸内細菌による腸内酵素がうまく働いていないということにつながるわけです。
”この症状には、この栄養!”と、栄養がある食べ物を食べることを勧める人が多いですが、状況によっては栄養を摂る前に、栄養を吸収できる腸に改善してあげることが大切になるのです。

腸内細菌酵素によって、人では合成できない短鎖脂肪酸、ビタミンK、ビタミンB群、葉酸などが作られているのです。
人はビタミンCをつくることもできませんが、乳酸菌はビタミンCをつくる酵素ももっているのです。
結局は腸内細菌を良い環境にし善玉菌を増やすことで酵素も生まれ、より良い栄養を吸収し、合成できるカラダになるということなのです。
文頭に記載した酵素の無駄使いというと、酵素はカラダに不要と思われる余計なのものを排泄したり解毒したりというときにも必要になります。
本来の使い道ではなく、余計な処理に追われてしまうということなのです。
みなさんも仕事で経験はないですか?
生産性のある仕事をこなしたいのに、クレーム処理やミスの後始末に追われ、肝心の仕事が全く進まなかった。なんてこと。
食事が悪い人、腸相が悪い人は上記の仕事と同じで健康を保つためにより良いものを合成しカラダを作るまえに、残務処理に追われているということなのです。

何となく、酵素の意味と腸の関係は理解できましたでしょうか?
人にとって腸はとても大事な臓器。そして腸は直接食べ物などの影響も受けやすい場所でもあるので傷つきやすい臓器なのです。
腸が悪い人は皮膚にも影響が出ますよね。いつもいつも吹き出物ができる人。腸内で必要なビタミンB群が作れていないのではないですか?腸内細菌は善玉菌が多い環境ですか?
そんなことを自分で自分に問うてみてください。

いかがでしたか?4回シリーズの腸内環境・細菌のお話。
メルマガでは伝えることも難しいので、そのうちBIアカデミーで講座も設けたいとも思っています。そのときは是非ご参加くださいね。

※「フードエリート」とは、「私たちは自分が食べたり飲んだりしたものからできている」ということを理解し、「健全なカラダ、健全なこころ、健全な精神を養うための食をセルフマネジメントできる食のエリート」のことである。

—————————————————————————-
●【五行について~水~】
—————————————————————————-
「水」の時期の味覚は、「塩辛」
食卓塩は避けて、自然塩を摂るようにしましょう。陰と陽でいうと、この季節は「陰」ということはカラダには「陽」が必要になります。
塩は陽の代表のようなものですね。味噌や梅干しなどから塩をとることも良いです。
また、塩水の中にあった食べ物、海藻類、貝類、魚なども良いですね。
そして、色は「黒」。昆布やひじきなど海藻の黒はこの季節に欠かせない食材。積極的に摂りいれていきましょう。

—————————————————————————-
●【冬の旬食材】~昆布~
—————————————————————————-
昆布といえば、低カロリー。ダイエットの強い味方と思う人も多いでのはないでしょうか?
でも栄養はとても豊富。カルシウムは牛乳の6倍。牛乳なんて飲まずに昆布を食べましょう。
そして、食物繊維も豊富。昆布のぬるぬるは水溶性の食物繊維ですね。まさに腸内細菌にも良い食材ということです。
そしてヨウ素。甲状腺ホルモンの成分となるヨウ素は海藻類に多いですが昆布はダントツトップです。

★簡単レシピ【刻み昆布の炒め煮】

(材料)2人分
1、刻み昆布20g程度、油揚げ1枚、人参1/3本
2、胡麻油、だし汁、みりん、酒、醤油、(てんさい糖は好みで)

(作り方)
1、刻み昆布は1~2分水に浸し、適当に切る
2、油揚げは熱湯をかけ油抜きをして1cm幅程度の食べやすい大きさに切る
3、人参も5㎜程度の細切りにする
4、鍋にごま油を入れ1.2.3の材料を入れ中火で1~2分炒める。
5、4に材料2のだし汁と調味料を入れ煮汁がなくなる程度まで煮れば完成

著者:日下部淑美(フードエリート&真の予防医学食研究家/管理栄養士)
製薬会社の研究所、医薬品における臨床試験の業務を経て、管理栄養士として独立。
生活習慣病の予防改善のための指導や、セミナー講師を行い多くの人のダイエットや数値改善に成功。またレシピの提供や、身体に備わっている自然治癒力を引き出すための食生活など多義にわたって指導している。

—————————————————————————-
■編集後記■ 「お知らせ」BI推奨商品「豆汁グルト」の販売開始!
—————————————————————————-
お待たせしました。Facebookでご紹介してから興味を持っていただいていた方も多くコメントもたくさんいただきました。
BI推奨商品で、販売ができるようになりましたので是非試してみてくださいね。
http://www.bodyinvestment.jp/item/1082.html

全国に当たり前に売られている牛乳から作ったヨーグルト。いくら乳酸菌などの良い成分があったとしても、マイナスの作用を受けやすく本当の腸の健康は得られません。
私は本当に腸によいヨーグルトはないのかとずっと探していました。最近は豆乳のヨーグルトも売っておりますが、砂糖が入っている商品だったりと望むものに出会えておりませんでした。そして、やっと見つけたのです。それが、この「豆汁グルト」。
膨大な量の大型のNS乳酸菌が入り、冷凍発送でしか配達できないという菌のすごい活性を持ち、しかも大豆の魅力ある栄養をそのまま。豆乳よりカルシウム10倍、食物繊維59倍!腸内細菌により腸内酵素を産生しますので、本当の腸の健康に役立つこと間違いなしです。
普通のヨーグルトを習慣にしている人は健康のためにとっていると思いますが、もし、本当の健康を求めるなら豆汁グルトにシフトしてほしいです。

詳細は http://www.bodyinvestment.jp/item/1082.html
冷凍保存ができます。冷凍便で届きます。(クール便では途中で菌が活性し溢れてクレームになってしまうため)4個セットになりますので、1つずつ冷蔵庫に移し食べるようにしてください。

★お知らせ「メルマガ」
来年からメルマガを毎週月曜の朝にお届けします。
その代り?ボリュームは今までの半分くらいになってしまうと思いますが、時事的なことなども取り上げながら書いていきたいと思いますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

★明日は今年最後の新月
12月22日10:36 山羊座
ボイドタイム:12/23 12:17~12/24 11:53
ボイドタイムを避けてお願い事を記載しましょう。

山羊座の新月は、「動」のお願事が良いようです。行動力、自由、そして期限や時間の約束を守れない人は守れるように動ける自分をお願いしてみるのも良いみたいですよ。時間にルーズな人は信用は、なかなか人から信用されませんからね。ちなみに、忍耐や経済のお願いは控えたほうがよいみたいです。
お願いは達成したように肯定文で「~なっている」という書き方をしましょう。
最後に叶ったとしてお礼も書くとよいそうです。今年最後のお願い事のタイミングを逃さないようにしてくださいね。

以上、今年最後のメルマガ、最後まで読んでくださりありがとうございました。
日下部淑美でした。

★「奇跡の水」を自宅で再現したい人必見。
http://www.bodyinvestment.jp/item/477.html

★美人になるベジ・グリーン・クッキング
マクロビの料理教室で人気のレシピ本
http://www.bodyinvestment.jp/item/939.html

★ご質問やご意見をお待ちしております。
http://www.bodyinvestment.jp/contact

コメント

コメントはまだありません

コメントを残す


PAGE TOP